野村エンジニアリング

 LoRaWANに準拠したエンドデバイス!
シリアル入力、アナログ入力、接点入力、接点出力などの外部インターフェースを実装
LoRaWANを介してモニタリング・制御が可能です。

LoRaWANデバイス LW01-NWP

 

LoRaWANデバイス

外部インターフェースを備えたLoRaWANエンドデバイスです
RRS
詳しくは、仕様書をご覧ください。


LW01-NWPの特徴 LW01-NWPの仕様

--- LW01-NWPの特徴 ---

  • LoRaWAN仕様に準拠。
    (モジュール単体にて技適取得済み。免許申請等は不要です)
  • アナログ入力・シリアル入力・接点入出力に対応したインターフェース。
  • バックアップ電源(単4×2)で、突然の停電情報も送信可能。
  • SRPC-SPS-N(ソーラーパワーサプライ)を利用して、無電源地帯での使用が可能。
  • SRPCシリーズとの連携も可能。
  • 風向風速計・雨量計にも対応。
  • 各種センサーデータをLoRaWAN通信を使用して、LoRaWANゲートウェイと通信します。

    *別途AS923規格に準拠したLoRaWANゲートウェイとLoRaWANネットワークサーバーをご用意ください。

--- LW01-NWPの主な仕様 ---

  • 送信周波数:923.2〜928.0MHz
  • 送信チャンネル:6チャンネル
  • チャンネル間隔:125kHz
  • 送信出力:20mW
  • 伝送速度:1760bps(最大 53byte)/3120bps(最大 125byte)/ 5470bps(最大 242byte)/11000bps(最大 242byte)
  • 電源電圧: 主電源 5V DC DC-JACK Φ2.1mm(センター+) バックアップ電源(単4x2 本) 2.6~3.6V DC
  • 消費電流: 約 10mA(5V) スタンバイ時 /約 25mA(5V) 送信時 /約 10μA(3V) スリープ時
  • 動作温度:-20~70℃(結露なきこと)
  • LoRaWAN 規格: LoRaWAN ver1.1 for AS923MHz ISM Band
  • 入出力端子:1985234(Phoenix) <AWG16
  • メンテナンスポート:mini-USB-TYPE-B
  • ケース寸法:125mm × 125mm × 60mm ※ 突起物除く

 

 

LoRaWANデバイスの構成例

有線で接続されたセンサ情報を、LoRaWAN通信を使用して、LoRaWANゲートウェイに送信します。



1)ネットワークおよび各種設定をする
 各種設定のためシリアル通信用のメンテナンスポート(mini-USB-TYPE-B)を用意していますので、各種設定や登録がコマンドにて行えます。(ネットワーク設定、インターバルの時間変更、伝送速度選択、モード選択、テストモード開始など)
 製品のDevEUIは、コマンドにてご確認いただけます。
 ネットワークにつきましては、AppEUI、AppKey、DevAddr、NetworkSessionKey、AppSessionKeyを登録してご使用ください。

2)最大10本の入出力端子を組み合わせて使用する
 ディップスイッチと半田ジャンパで、端子と入出力の種類を切り替えて使用します。
 *組み合わせによっては、同時に使用できない入出力タイプがあります。

<入出力の種類>
・アナログ入力 : 0-10V(最大4ch), 4-20mA(最大4ch)
・シリアル入力 : UART , RS-232C , RS-485 , I2C
・接点入力 : プルアップ有 Active Low(最大9ch)
・接点出力 : オン時2端子短絡

3)風速計・雨量計も接続できる
・10分間の平均風速カウント、過去10分間の最大瞬間風速カウントを計測(600カウントが1m/s)。
 *フィールドプロ製FTJ40に対応。
・10分間の雨量カウント、1時間の積算雨量カウントを計測(1カウントは0.5mm)
 *転倒ます型雨量計に対応。

*動作テストには、LoRaWANゲートウェイDragino社LPS8-JP、LoRaWANネットワークサーバーThe Things Network(無償)を使用しています。

詳しくはお問い合わせください。