野村エンジニアリング

 アクティブタグの情報を回収!
アクティブタグから送信されるID情報やボタン情報(SOS)などを受信し、429MHz帯の特定小電力無線で通信します。中継機の使用でさらに通信距離は伸びます。
また、SRPC-RRSを連結させて、数台分のデータを一ヶ所に集めることができます。

アクティブタグの情報を回収 SRPC-RRS

 

SRPC-RRS

SRPC-RRS
アクティブタグに対応
RRS
詳しくは、仕様書をご覧ください。


SRPC-monitor

SRPC-monitor
監視リモコン
SRPC-monitor

--- SRPC-RRSの特徴 ---

  • タグ(eID)から送信されるID情報・ボタン情報・バッテリー情報を受信(ダイバーシティ方式)します。
  • SRPC-RRSは互いに関係性を持ち、子の関係にあるSRPC-RRSから、親の関係にあるSRPC-RRSへタグ情報を転送。枝状に広がるSRPC-RRSのタグ情報を、一ヶ所に集約できます。
    構成例はこちら
  • 太陽電池システムと、429MHzの長距離用特定小電力モジュール(TS02EJ-S mdm4LDM)を搭載したコンパクト設計。防雨ケース入りです。
  • 大容量10Ahのリン酸鉄リチウムバッテリー
  • 太陽電池システムのソーラー電圧・バッテリー電圧・充電電流・消費電流・温度・湿度を監視可能
  • 無充電下に置かれても10日半の連続稼働が可能(出力電力の平均が40mAの場合)
  • 3チャンネルのマルチチャンネル通信を採用
  • 通信距離は見通し2~3km。1台追加するごとに通信距離が倍に伸びます。
  • タグ(eID)の通信距離は見通し50m
  • 使いやすいメンテナンスソフトで各種設定も簡単。

--- SRPC-RRSの主な仕様 ---

  • 内蔵受信モジュール:TS02EJ-S mdm4LDM
             (429MHz帯 特定小電力無線)
  • 通信距離:見通し2~3km
  • 動作温度:-20~70℃(結露なきこと)
  • 消費電流:平均40mA(外部消費電流を除く)
  • 質  量:約1kg(ソーラーパネル、充電池を含む)
  • 出力電圧:バッテリー電圧または昇圧5V、他応相談
  • 最大出力電力:2000mW、他応相談
  • タ  グ:eID(315MHz帯 特定小電力無線)
  • タグ受信範囲:見通し50m以内
          
  • (信号強度で範囲を狭めることも可能)
  • タグの有効時間:一度受信すると、その後15分間は無視する
           (出荷時設定)
  • タグの台数:タグの有効時間内に50台

 

SRPC-RRSのタグ受信試験を行いました。

下記の条件で、タグID同時受信の試験を実施しました。
(2015.2.17社内にて実施)

1)タグを持った人が50人同時に通過したケースを想定
・電源オンしたタグ(50個)を金属ケースに入れて待機。
・SRPC-RRSを電源オン。
・金属ケースを開けて、50個のタグのID信号を同時に発信。



2)タグを持った人が30人通過し、その後、すぐに別の30人が通過したケースを想定。
・電源オンしたタグ(30個×3)を金属ケースの中に入れて待機。
・SRPC-RRSを電源オン。
・金属ケースを開けて、30個のタグのID信号を同時に発信。
・SRPC-RRSがタグ30個分のIDを記憶している間に、別の30個のタグのID信号を同時に発信。
・SRPC-RRSがタグ60個分のIDを記憶している間に、別の30個のタグのID信号を同時に発信。

タグ30個の受信ページ


同時にタグ50個受信でも、30個受信を連続して3回行っても、とりこぼしなし!