野村エンジニアリング

 SRPCシリーズの設定やモニタリングを行うwindows用のソフトです。
無償・ライセンスフリー・改変・配布等、自由にお使いいただけます。

SRPC-Softによる設定とモニタリング

1)デザイン画面で、簡単にSRPCの経路設定ができます。



ゲートウェイの接続およびプロパティ・ネットワーク設定、SRPCの追加と経路設定・通信チャンネル設定等が簡単に行えます。

「全体アップロード」を行うことで、通信チャンネルグループ設定、SRPCの経路設定、プロパティ設定など必要な項目が、ゲートウェイに近いSRPCから順にアップロードを行います。
特定のSRPCをアップロードする「単体アップロード」もできます。

2)デバックを開始すると、経路設定されたSRPCのデータを呼び出しにいきます。
  SRPCから返信されたデータは、センサーモニター画面に表示されます。


↑データログ画面(温度/湿度/風速/風向/雨量の場合)


3)電源モニター画面では、バッテリーの状態や温度・湿度のグラフが表示されます。
 また、分析ツールを使用すると、選択した日時範囲のグラフを作成することができます。



↑電源モニター画面


↑風速を選択した時のグラフ



4)ログデータは、CSVファイルとしてダウンロードすることができます。




さらに、気象データについては、CSV出力に加えて、日報の作成印刷ができるようになりました。



↑気象観測レポート出力

SRPCデータのcsvファイル
↑CSVファイルをエクセルで開いた例


*このほか、デスクトップ画面にSRPCのアイコンとデータ状態を表示するガジェット機能」や、GoogleMap上にSRPCの情報ウィンドウを表示する「マップ機能」もあります。


気象観測については、リアルタイムのデータを表示するディスプレイ機能も追加されました。


↑ディスプレイ画面

詳しくは、仕様書をご覧ください。
メンテナンスソフト仕様書

このページのTOPに戻る↑