野村エンジニアリング

自動水やり無線システム

野村エンジニアリング(有)では、社内の植木の水やりを、特定小電力無線を使用して、自動化しています。

1)植木鉢に、センサータグ付きテンションメーターをセット。
 土の中の水分量がしきい値を下回ったら、センサータグ(TS03NKHA4-TSR)が、315MHz帯の特定小電力無線を使用し、ユニークIDと接点信号を送信!

水分センサータグ



2)太陽電池付きの中継機SRPC-TSRが中継!
 センサータグからの信号はいったん中継機が受信。429MHz帯長距離無線を使用して、親機へ信号を転送します。

中継機


3)かん水装置が受信。電磁弁を制御。
 センサータグの接点信号が含まれた中継機からのデータを受信すると、かん水装置の接点がオンになり、電磁弁が開きます。

かん水装置制御


4)自動で水やり。
 タイマーで電磁弁が閉まり、水やりが終了します。

自動水やりシステム

自動水やりシステム

野村エンジニアリング(有)駐車場風景